【2021年】Amazonアソシエイト審査に一発合格の方法を徹底解説!

Canva Pro必要ない?有料版の口コミ評判と比較すべき3サービス

最近、Canvaをよく使うようになったので、Canva Pro(=有料版)無料トライアルで試してみました

色々と気づきがあったのでレビューします。

■この記事の対象者

  • フリー素材探しに行き詰まってきた
  • ブログのデザインは良くしたい、でも固定費はできるだけ抑えたい
  • おしゃれ素材なら多少お金をかけてもいい

他のブログで見かけ、ようやく判明したおしゃれな「ストックフォトサービス」もご紹介!

今なら間に合うお得情報・・・・あり!

【3パターン覚えるだけ】Canvaブログアイキャッチ画像の作り方

【Amazonアソシエイト】ネットで月5万の完全マニュアル

目次

【Canva Pro最大の魅力】無料版では使えない7千480万点の素材

正直デザインが何となくイマイチな気がして、Canvaを積極的に使う気になれませんでした。

ただ、そこは少し誤解が…。

使えそうなものが想像以上あったんです。

Canvaの素材

毎日、新しい素材が追加されているみたいですね。

ただし、カーソルを合わせると「王冠マーク」が表示される素材は有料プランのみ。

Canvaの王冠マークのついた有料素材

Canvaの有料版が「Canva Pro」です。

Canva(無料版)Canva Pro
素材数20万ほど7千500万以上
テンプレート数25万ほど42万以上
料金0円月単位で契約:1,500円/月
1年契約:12,000円/年
使用人数1人5人まで(追加料金なし)

「Enterprise」という上位プランもあり

ウキワさん

Canva Proは1年分まとめて支払うと、月単位での支払いより6,000円ぶんお得になるよ!(月換算で1,000円)

それに5人まで・・・・なら「追加料金なし」というのは凄いです。(1年契約だと一人当たり2,400円換算)

その際、契約の流れとしては、

だれか一人がCanvaと主契約 ➜ 他のメンバーを招待

といった手順のようです。

ウキワさん

Canvaに料金を支払うのは一人だけなので、あとは「割り勘」といった感じかな…

わたしは、Canva Proの無料トライアルから始めました。

» Canva Proを無料で30日試す

アイキャッチ画像のクオリティーが断然アップしたので、個人的には満足しています。

■以前のアイキャッチ画像

Canva Proを使う前のアイキャッチ画像例1
例1
Canva Proを使う前のアイキャッチ画像例2
例2

■Canva Proによるアイキャッチ画像(完全にCanvaのみで作成)

Canva Proで作ったアイキャッチ画像例1
例1
Canva Proで作ったアイキャッチ画像例2
例2

ブログを開いた瞬間、お気に入りアイキャッチ画像がパーッと目に入ると、それだけでやる気が出ますね!

「アイキャッチ画像の作り方」はこちらを参考

» Canva Proを無料で30日試す

Canva Proの口コミ評判

Canva Proの口コミ評判は、おおむね上々です。

低評価の口コミは探してみた限り、見当たりませんでした。

とはいえ、Canva Proを実際に使ってみて、ある2つの点に気づきました。

  • 無料版Canvaで十分なケースがある
  • 他の有料素材サービスを選ぶべきケースがある

Canva Proで失敗しないために、以降の内容もぜひご確認ください。

無料版Canvaで十分なケースとは?

結論から言うと、無料版Canvaで十分なのは以下のようなケースです。

  • ブログを始めたばかりで、まだ10記事も書いていない
  • Canvaも含め、無料の写真やイラストで事足りている
  • Canvaを使うのはアイキャッチ画像くらい、現状のクオリティーでそこそこ満足している

こんな状況なら、無料版Canvaで十分だと思います。

というのも、Canva Pro最大のメリットが、

テンプレートや素材(画像・イラストなど)の豐富さ

にあるから。

ウキワさん

ブログを始めたばかりで、無料の写真やイラストで満足できているなら、今のところ「Canva Proは必要なし」というワケね

せっかくなので、フリー素材のおすすめサイトをご紹介しておきます。

おすすめフリー写真素材

日本メインなら

» フォトAC

海外メインなら 

» O-DAN(オーダン)

おすすめフリーイラスト素材

» ソコスト

» イラストAC

» フキダシ

おすすめアイコン素材

» フラットアイコンデザイン

その他に、無料版CanvaとCanva Proの違いを挙げてみると…

Canva(無料版)Canva Pro
データの保存容量5GBまで100GBまで
作成できるフォルダ数2つまで無制限
写真の背景切り抜きできないできる
独自フォントのアップロードできないできる
制作物のサイズ変更できないできる
SNSに予約投稿できないできる
特定のカラーやフォントの登録できないできる

これら機能は、作業時間も早まり確かに便利です。

が、、そのために「どうしても有料版」というほどでもないかなと…。

たとえば、Canva Proのいち押し機能に「写真の背景切り抜き」があります。

しかし同じことが、無料のWebツールで同じように出来てしまいます。

無料Webツールを使った「背景切り抜き」方法を詳しく解説

もしあなたが、

  • ブログを始めたばかりで、まだ10記事も書いていない
  • Canvaも含め、無料の写真やイラストで事足りている
  • Canvaを使うのはアイキャッチ画像くらい、現状のクオリティーでそこそこ満足している

なら、今のところCanvaは無料版で十分かもしれません。

他の有料素材サービスを選ぶべきケースとは?

Canva Proが「有料素材」狙いなら、他の選択肢も知っておくと、選択肢の幅がぐっと広がります。

クオリティーの高い写真やイラストが揃っているサービスが、他にもいくつかあるので…。

それに他のサービスを選んだとしても、無料版Canvaはこれまでどおり活躍してくれます。

他の有料素材サービスで写真やイラストをダウンロード ➜ Canvaにアップロード ➜ アイキャッチ画像などを作成

Canva Pro以外の選択肢として、3つのストックフォトサービスがおすすめ。

  • AdobeStock(アドビストック)
  • PIXTA(ピクスタ)
  • Shutterstock(シャッターストック)

ウキワさん

ブログでの使用はもちろん、広告や出版など「商用利用」を想定した写真やイラスト素材を提供するのがストックフォトサービス

  • 3つのストックフォトサービスの素材は、おおむねCanvaでの加工もOK
  • ダウンロートした素材は、それ以降何度でも使用可

何より、有料素材を使うことで得られるアドバンテージは見過ごせません。

  • それだけで見た目の印象アップ
  • 他のブログとかぶりにくい
  • ブログを開くのが楽しくなって継続につながる
ウキワさん

上記3つなら「さすが有料だけはある!」といえるような素材が手に入るよ!

それぞれの概要をご紹介します。

上質な写真素材が手に入るAdobeStock

AdobeStockのトップページ

AdobeStock(アドビストック)とは、イラレやフォトショップで有名な「アドビ」が提供するストックフォトサービス。

実際にのぞいてみると、写真やイラストのクオリティーの高さをご覧いただけます。

» AdobeStock

わたしも少し前まで、利用していました。

AdobeStockのマイライブラリ中身
マイライブラリの中身

イラストもクオリティー高いですよ!

AdobeStockのイラスト

■AdobeStockの詳細

  • 「1年契約&毎月払い・ダウンロード素材数10点/月」プランで説明
  • 2021年11月時点
素材数2億点以上
料金3,828円/月(1年間で45,936円の支払い)
決済方法各種クレジットカード、PayPal
素材10点をダウンロードしない月があった場合 翌月以降へ繰越可能(最長12ヶ月・120点まで)
素材の傾向写真は海外メイン、日本の素材も増えつつある

他にもさまざまな料金プランあり、1年未満での解約は違約金が発生(ただし、契約から14日以内なら全額返金)

ウキワさん

人物写真などの多くは海外ものなので、運営するブログにマッチするか見極めてちょうだい!

■Canva Proとの比較

Canva ProAdobeStock
素材のクオリティー(特に写真)普通高い
料金1,500円/月
12,000円/年
3,828円/月
使用できる素材数無制限10点/月

■Canva ProかAdobeStockかの判断ポイント

  • 費用をできるだけ抑えながら有料素材を使いたい ➜ Canva Pro
  • 費用がかかってもハイクオリティーな写真やイラストが使いたい ➜ AdobeStock

AdobeStockを試すなら「1ヶ月の無料お試し」が絶対お得!

» AdobeStockを無料で1ヶ月試す

ここだけの話、AdobeStockの「1ヶ月の無料お試し」には2つのプランがあります。

  • 「素材数10点/ 月」のお試しプラン
  • 「素材数40点/ 月」のお試しプラン
ウキワさん

あまり知られていないけど、「素材数40点/ 月」のお試しプランを選んだ方が絶対お得だよ~~

【裏技】AdobeStock有料素材40点を無料ゲットする方法~解約まで

日本メインの上質素材ならPIXTA

PIXTAのトップページ

PIXTA(ピクスタ)は、言わずと知れた日本最大級のストックフォトサービス。

何といっても上質で豐富な「日本メイン」の素材が魅力です。

実際にのぞいてみてください。

» PIXTA

■PIXTAの詳細

  • 1年契約&毎月払い・ダウンロード素材数10点/月」プランで説明
  • 2021年11月時点
素材数6,790万点以上(定額制で使用できるのは5,500万点ほど)
料金6,380円/月(1年間で76,560円の支払い)
決済方法各種クレジットカード、PayPal
素材10点をダウンロードしない月があった場合 翌月以降へ繰越可能(最大110点まで)
素材の傾向 日本メイン

他にもさまざまな料金プランあり、途中解約は不可

日本メインの有料素材であれば、最もおすすめな ストックフォトサービス。

■Canva Proとの比較

Canva ProPIXTA
素材のクオリティー(特に写真)普通高い
料金1,500円/月
12,000円/年
6,380円/月
使用できる素材数無制限10点/月

■Canva ProかPIXTAかの判断ポイント

  • ハイクオリティーな「日本メインの素材」になら費用をかけてもいい➜ PIXTA
  • 何はともあれ6,380円/月はさすがにキツイ➜ Canva Pro

耳寄り情報

意外に知られていませんが、実はPIXTAには無料素材も存在します。

有料素材が期間限定で無料に!

数は少ないものの毎週火曜に更新されるので、お気に入りがあればダウンロードしておくとメッチャお得です。

PIXTAのフリー素材
ウキワさん

毎週火曜にサイトをのぞいてみるといいよ!

ただし、無料素材のダウンロードには会員登録が必要です。

PIXTA会員登録の入り口
» PIXTA

あのオシャレなブログも使っているShutterstock

Shutterstockトップページ

Shutterstock(シャッターストック)は、ニューヨークに本社を置き、150か国以上に展開するグローバルなストックフォトサービス。

いいですね~「Shutterstock」!

» Shutterstock

以前おしゃれなブログを見かけて、「このイラストは?」と思いながらも、しばらくわからなかったのがShutterstock。

Shutterstockのおしゃれなイラスト

線画なんかも抜群ですね。

Shutterstockの線画

■Shutterstockの詳細

  • 「1年契約&毎月払い・ダウンロード素材数10点/月」プランで説明
  • 2021年11月時点
素材数3億9,000万点以上
料金3,500円/月(1年間で24,500円の支払い)
決済方法各種クレジットカード、PayPalなど
素材10点をダウンロードしない月があった場合繰り越し不可
素材の傾向海外メイン、日本の素材も増えつつある

他にもさまざまな料金プランあり

ウキワさん

Shutterstockを使い始めると、もうフリー素材には戻れないかもね

■Canva Proとの比較

Canva ProShutterstock
素材のクオリティー(特にイラスト)普通高い
料金1,500円/月
12,000円/年
3,500円/月
使用できる素材数無制限10点/月

■Canva ProかShutterstockかの判断ポイント

  • ハイクオリティーなイラストを使ってみたい ➜ Shutterstock
  • とはいえ、やっぱり費用が… ➜ Canva Pro

Shutterstockを試すなら「1ヶ月間無料トライアル」が絶対お得!

「素材数10点/ 月」のお試しプラン

お試し期間内に解約すれば費用0円・10枚の有料素材はそのまま手元に

さらに、今なら4,000円分Amazonギフト券をゲットできるチャンスあり!

1ヶ月間の無料トライアル ➜ 1年間の定額プランに加入(10枚/月・3,500円など)➜ Amazonギフト券4,000円分ゲット!

ウキワさん

Amazonギフト券4,000円分ゲットするには、以下から無料トライアルにエントリーしてちょうだい!

» Shutterstockを無料で1ヶ月試す
※定額プランに移行した場合➜Amazonギフト券4,000円分ゲット!

  • 「今すぐサインアップして、4,000円分のAmazonギフトカードを入手」と表示されるまで、しばらくお待ちください
  • 1ヶ月間無料トライアルを過去に利用した方は対象外です

お試し期間内に解約すれば費用0円です。

以上、Canva Proと比較すべき3つの「ストックフォトサービス」でした。

最後にすべての比較表を掲載しておきます。

Canva ProAdobeStockPIXTAShutterstock
素材のクオリティー普通高い高い高い
料金1,500円/月
12,000円/年
3,828円/月6,380円/月3,500円/月
使用できる素材数無制限10点/月10点/月10点/月

» Canva Proを無料で30日試す

» AdobeStockを無料で1ヶ月試す

» PIXTA

» Shutterstockを無料で1ヶ月試す(Amazonギフト券つき)

【Canva Pro口コミと比較すべき3サービス】まとめ

この記事のポイント

  • Canvaは毎日のように写真や素材が追加されており、想像以上に使えるものがある
  • すべての素材が使い放題になるCanva Proはおすすめ
  • さらにハイクオリティーな素材なら「AdobeStock」「PIXTA」「Shutterstock」がおすすめ
  • AdobeStock・Shutterstockには無料トライアルがあり、タダで有料素材をゲットできる!
  • AdobeStockの無料トライアルには、有料素材40点をゲットできる裏技あり!
  • 今ならShutterstockで、Amazonギフト券をゲットできるチャンス!

Canva Proを検討する際には、

ウキワさん

Canva無料版に「有料ストックフォトサービス」をかます、といった方法も視野に入れて選んでちょうだい!

ブログの見た目が気に入ると、毎日開くのが楽しくなってきますよ。^^

【裏技】AdobeStock有料素材40点を無料ゲットする方法~解約まで

【3パターン覚えるだけ】Canvaブログアイキャッチ画像の作り方

【Amazonアソシエイト】ネットで月5万の完全マニュアル

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる