【2022年】今すぐamazonアフィリエイト!登録・審査・やり方の全ステップ公開

「HTMLサイトマップ」作成とフッターメニューの表示方法【WordPressブログ】

HTMLサイトマップの作成

欲しい情報なのに、せっかくの記事を見つけてもらえない…

ウキワさん

ブログに情報が増えるほど、そうなっちゃうかもしれないよね(悲)

そこで、

  • 固定ページを使って、
  • メニューからすぐに見つけてもらえ、
  • 記事が増えるたびに自動生成される、

初心者でも簡単な「HTMLサイトマップ」の作り方をご紹介します。

こんなの

↓↓↓↓↓↓↓↓

当ブログのHTMLサイトマップ見本
【Amazonアソシエイト】ネットで月5万の完全マニュアル
目次

2つのサイトマップに注意!

サイトマップとは、

ブログの記事構成が一覧でわかる地図

のようなもの。

ブログに関する「サイトマップ」には2種類あります。

  • XMLサイトマップ:検索ロボット用
  • HTMLサイトマップ:ブログに訪れた人用

「XMLサイトマップ」とは、記事の公開・更新を検索ロボットにいち早く知らせる為のものです。

当ブログのXMLサイトマップ見本
当ブログのXMLサイトマップ

ふだん、人目につくことはありません。

「XMLサイトマップ」作成と上位表示のための詳細設定

それに対し、今から作成するのが「HTMLサイトマップ」

当ブログのHTMLサイトマップ見本
当ブログのHTMLサイトマップ

当ブログでは、フッターメニューに設置しています。

当ブログのフッタメニューでのサイトマップ表記

ブログ読者さんの情報探しに役立つ「HTMLサイトマップ」を設置していきましょう。

HTMLサイトマップの作成は4ステップで!

このような流れです。

STEP
PS Auto Sitemap(プラグイン)のインストール
STEP
固定ページで「サイトマップページ」の作成
STEP
サイトマップ用ページに「サイトマップ」を表示させる
STEP
サイトマップ用の「フッターメニュー」作成

順を追っていきます。

1.PS Auto Sitemapのインストール

1. WordPress管理画面の「プラグイン」➜「新規追加」➜検索窓に「PS Auto Sitemap」と入力してEnterキー。

PS Auto Sitemapのインストール

※画像はすべてクリックで拡大できます(戻す➜画像以外をクリック)

PS Auto Sitemapの「今すぐインストール」➜「有効化」してください。

「PS Auto Sitemap」が使える状態になりました。

2.固定ページで「サイトマップページ」の作成

1. WordPress管理画面の「固定ページ」➜「新規追加」をクリック。

WordPress管理画面の「固定ページ」→「新規追加」

いつもの「投稿ページ」で作ってしまうと、PS Auto Sitemapが機能しません

2. サイトマップ用のページを作成します。

サイトマップ用のページを作成

①タイトル:「サイトマップ」と入力
②+ボタンをクリック(ブロックを呼び出す)
③「カスタムHTML」を選択

3. 「カスタムHTML」ブロックに、以下のコードを入力してください。

↓↓↓↓↓↓↓↓

<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->
カスタムHTMLブロックにコード入力

4. 任意のURLを決定し公開します。

①パーマリンク:「sitemap」や「site-map」と入力
②公開

5. 公開後に表示されるURLの数字部分をメモしてください。

公開後に表示されるURLの数字部分をメモ

URLの「数字」はPS Auto Sitemapを使用するためのIDです

これで「サイトマップ用ページ」が作成されました。

3.サイトマップ用ページに「サイトマップ」を表示させる

1.WordPress管理画面の「設定」➜「PS Auto Sitemap」と進んでください。

WordPress管理画面の「設定」→「PS Auto Sitemap」

2. 先ほどメモした数字(ID)を、以下の部分に入力します。

数字(ID)を入力
  • その他の項目は同じようにチェックを入れるのがおすすめ
  • 「スタイルの変更」とは、サイトマップの見た目を決める項目(シンプル2がおすすめ)

「変更を保存」をクリック。

これでサイトマップ用ページに「サイトマップ」が表示されました。

フッターにサイトマップ用のメニューを作成

㊟説明画像はテーマSWELLなので、あなたの画面とは若干異なるかもしれません。

1. WordPress管理画面の「外観」➜「メニュー」と進んでください。

WordPress管理画面の「外観」➜「メニュー」

2. フッターメニューを作成していきます。

フッターメニューを作成
  • 初めてのフッターメニュー作成なら ➜ ①「新しいメニューを作成しましょう」
  • すでにフッターメニュー作成済みの場合 ➜ ②プルダウンからフッタメニューを選び「選択」

①の作業イメージとしては、

まずは「フッタメニューの箱」を作り ➜ その箱に「フッター用に作成したページ」を入れていく

ような感じ。

以降は、①パターン(初めてのフッターメニュー作成)で解説します。

3. 「フッターメニューの箱」を作成していきます。

「フッターメニューの箱」を作成

①メニュー名:「フッターメニュー」と入力
②「フッター」にチェックを入れる
③「メニューを作成」をクリック

4. このような画面が表示されます。

「フッターメニューの箱」を作成するときに表示される画面

この画像とは違って、初めてのフッターメニュー作成なら①には何も入っていません

①の箇所:フッターメニューの箱に入れられた記事(ページ)
②の箇所:「固定ページ」や「投稿」のプルダウンから、お好みで①へ移動可能


ちなみに上の画像では、

  • 運営者プロフィール
  • 運営者情報
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ

が、すでにフッターメニューの箱に入れられた状態なので、このように表示されます。

当ブログのフッターメニュー

5. 固定ページで作成した「サイトマップページ」をフッターメニューの箱へ移動します。

固定ページで作成した「サイトマップページ」をフッターメニューの箱へ移動

①固定ページの「プルダウン」をクリック
②「サイトマップ」にチェック
③「メニューを追加」をクリック

6. 「サイトマップページ」がフッタメニューに移動しました。

「サイトマップページ」がフッタメニューに移動

右側にある「メニューを保存」をクリックしてください。

7. フッタメニューに「サイトマップ」が表示されます。

フッタメニューに「サイトマップ」が表示

8. 開いてみると、確かに「HTMLサイトマップ」が表示されました。

「HTMLサイトマップ」が表示

これですべての作業が完了、おつかれ様でした。

せっかくの記事を見つけてもらえない可能性がぐっと下がります。

ウキワさん

「HTMLサイトマップ」があることで、検索ロボットにも記事を見つけてもらいやすくなって一石二鳥!

ただし「XMLサイトマップ」の導入がまだなら、こちらからどうぞ。

「XMLサイトマップ」の導入と上位表示に有利な詳細設定

まずは「趣味ブログ×amazon」で月1万稼いでみる

【Amazonアソシエイト】ネットで月5万の完全マニュアル
                 

\ ピンタレストのピン /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる