ネット集客「何をやってもダメ」というあなた│こちらをご覧ください!

売上・リスト獲得に直結するリンク(ボタン)のクリック数を計測する方法

売上・リスト獲得に直結するリンク(ボタン)のクリック数を計測する方法

あなたが運営するブログ・ホームページの目的は何ですか?

ウキワさん

Webサイトの目的には「売上」や「メールリスト獲得」といったものがあるよね

そこで、

  • 売上・リスト獲得などに直結する
  • リンク(ボタン)のクリック数を計測し、
  • どれだけ目的を果たせているか見える化

する方法を解説します。

運用するWebサイトに、Googleタグマネージャーを導入していることが前提の内容です。

ブログ・ホームページにGoogleタグマネージャーを導入しアナリティクスと連携する方法

■記事内容の位置確認

ウェブマーケティング:ウェブでの販売活動のすべて

目次

なぜGoogleタグマネージャーを使うのか?

「Googleタグマネージャーを使う」と言っても、実際に計測するのはGoogleアナリティクスです。(以下、タグマネージャー・アナリティクスと呼ぶ)

アナリティクスでは、4つの目標設定が可能です。

  • 到達ページ:任意のページの到達数(アクセス数)を計測
  • 滞在時間:Webサイトの滞在時間を計測
  • ページビュー数:1セッションあたりのページビュー数を計測
  • イベント:リンクやボタンのクリック数などを計測

目標設定:Webサイトで果たしたい目標を「見える化」したいときに役立つ設定

Googleアナリティクスの目標設定について、詳しくはこちらをご覧ください。

» ブログ・ホームページの目標達成に必須!アナリティクスで「到達ページ」を設定

ウキワさん

アナリティクスとタグマネージャーを連携させることで、さまざまな計測設定がタグマネージャーの管理画面でできるよ!

Googleタグマネージャーとは、

データ解析の「タグ」をまとめて管理できるツール

です。

Googleタグマネージャーについて、詳しくはこちらをご覧ください。

» Googleタグマネージャーとは?

タグマネージャー経由で、アナリティクスを利用するメリットはこちら。

  • データ解析が楽になる
  • Webサイトの表示スピードが遅くなりづらい
  • データ解析のハンドルを握っておける

少し専門的な話で、わかりづらいかもしれません。

ウキワさん

要は、Googleタグマネージャーを使うと、Webサイトの目的を果たすのに役立つ「分析や計測が楽になる」ってことね!

ブログ・ホームページにGoogleタグマネージャーを導入しアナリティクスと連携する方法

リンク(ボタン)のクリック数計測の設定方法

今回、クリック数を計測すのは、こんなリンク。

ECサイト「amazon」への外部リンクです。

テキストリンクだけでなく、

  • ボタンリンク
  • 画像リンク
  • ダウンロードリンク
  • アフィリエイトリンク

であっても計測可能です。

ボタンリンク・画像リンクの例

Googleタグマネージャーによる設定の流れは大きく3つ。

STEP
変数を選ぶ

・変数=トリガーやタグを作るときの部品
・変数=あらゆるタイミングで、様々な計測を可能とする柔軟性の高い部品
・あらかじめ用意されたものを選ぶだけ(ここでは)

STEP
トリガーを作る

・トリガー=計測を発動させるときの条件
・タグを作るときの大きめな部品

STEP
データ解析の「タグ」を作る

・データ解析の「タグ」=あるデータを計測するための命令コード
・タグ>トリガー>変数のようなイメージ
・なので作成順序は、変数➜トリガー➜タグ

STEP
タグを公開

・作成した命令コードを稼働させる

聞き慣れない言葉ばかりかもしれせんが、このようにイメージしてください

それでは、リンクのクリック数を計測できるよう設定していきます。

まずはGoogleタグマネージャーへログイン。

Googleマーケティングプラットフォーム

計測したいWebサイトの「コンテナ名」を選択してください。

Googleタグマネージャーの構造は「アカウント」と「コンテナ」に分かれている(アカウント>コンテナ)

Googleタグマネージャーのアカウント作成も、こちらで詳しく解説。

ブログ・ホームページにGoogleタグマネージャーを導入しアナリティクスと連携する方法

1.変数を選ぶ

「変数」を簡単に言ってしまえば、

タグ・トリガーを作るときに必要で、あらゆる場面で様々な計測を可能とする柔軟性の高い部品

です。

ここでの作業は、後に続くトリガー・タグ作成のために、部品となる「変数」を準備するイメージです。

1. 「ワークスペース」タブをクリック。

※すべての画像はクリックで拡大できます(戻す➜画像以外をクリック)

2. 左メニューの「変数」をクリック。

「組み込み変数」として、下記3つが表示されているかを確認。

  • Click Text:「クリックしたテキスト」を指定
  • Click URL:「クリックしたURL」を指定
  • Page URL:「ページURL全体」を指定

組み込み変数:最初は一覧表示されているだけの各変数を、トリガー・タグの部品として使えるようにするイメージ

表示されていない変数があるなら、右上の「設定」へ。

表示されていなかった変数にチェックを入れてください。

  • Click Text
  • Click URL
  • Page URL

「組み込み変数」として表示されるようになります。

これで「変数」の準備が整い、トリガー・タグの部品として使えるようになりました。

2.トリガーを作る

「トリガー」を簡単に言ってしまえば、

計測を発動させるときの条件であり、タグを作るときの大きめな部品

です。

ここでの作業は、後に続くタグ作成のために、大きめな部品である「トリガー」を先に作っておくイメージです。

1. 左メニューの「トリガー」から、「新規」をクリック。

2. わかりやすいトリガー名を入力してください。

①トリガー名を入力
②「トリガーの設定」をクリック

3. クリック項目で「リンクのみ」を選択。

クリック計測が目的のため

4. 「タグの配信を待つ」にチェクを入れてください。

「タグの配信を待つ」:ユーザーが外部リンクへ移動する前に、クリックを正しく計測するための設定

5. ①~③の項目を選択・入力していきます。

①これらすべての条件がtureの場合にこのトリガーを有効化:トリガーを有効化するときの条件

 「Page URL」・「正規表現に一致」・「.*」

を選択、入力してください。

.*(ドット、アスタリスク)
「Page URL」・「正規表現に一致」・「.*」 ➜ 計測するリンクがWebサイトのいくつかのページに存在しても、すべて計測するための設定
 

②このトリガーの発生場所

 「一部のリンククリック」

にチェックを入れてください。

③イベント発生時にこれらすべての条件がtureの場合にこのトリガーを配信します:トリガーを配信するときの条件

 「Click URL」・「等しい」・「計測したいURL」

を選択、入力してください。

「このURL(リンク)だけを計測して」という設定

計測したいリンクのURLは、リンクの上で「右クリック」➜「リンクのアドレスをコピー」で確認可能です。

Windowsの場合

  • 待ち時間の条件:2000のままでOK
  • 妥当性をチェック:チェックを入れないでOK

6. 画面右上の「保存」をクリック。

7. 入力した「トリガー名」が表示されます。

これで、タグを作るための大きめな部品である「トリガー」が作成されました。

3.データ解析の「タグ」を作る

データ解析の「タグ」を簡単に言ってしまえば、

あるデータを計測するための命令コード

です。

すでに準備した変数・トリガーを使って、知りたいデータを計測するための命令コードを作っていきます。

1. 左メニューの「タグ」から、「新規」をクリック。

2. わかりやすいタグ名を入力してください。

①タグ名を入力
②「タグの設定」をクリック

3. タグタイプとして「Googleアナリティクス:ユニバーサル アナリティクス」を選択。

「Googleアナリティクス:GA4」とは、2023年7月1日までに移行が推奨されている新しいタイプのGoogleアナリティクス

4. ①~⑦の項目を選択・入力していきます。

①トラッキング タイプ:イベント※1
②カテゴリ:任意の名称を入力※2
③アクション:「Page URL」(右横のアイコンから選択)
④ラベル:「Click Text」「Click URL」の間に「:」を入力※3
⑤値:入力しなくてOK
⑥非インタラクションヒット:偽※4
⑦Googleアナリティクス設定:事前に作成したアナリティクス用の変数を選択※5

※1アナリティクスの目標設定「イベント」に該当するため
※2アナリティクスで表示される名称
※3:(コロン)は全角半角どちらでもOK
※4リンク(ボタン)から外部へ移動したユーザーを直帰扱いしない設定
※5タグマネージャーとアナリティクスを連携させるときに作成する変数

アナリティクス連携における、変数の作成はこちらをご覧ください。

ブログ・ホームページにGoogleタグマネージャーを導入しアナリティクスと連携する方法

5. 「トリガー」をクリック。

6. 先に作成した「トリガー」を選択。

7. 選択した「トリガー」が表示されたのを確認して「保存」をクリック。

これで、指定したリンクがクリックされたとき、計測するようタグ(命令コード)が作成されました。

この状態ではまだ、作成したタグは稼働しません。

4.タグを公開

指定したリンクがクリックされたとき、計測するためのタグを稼働させます。

1. 「公開」をクリック。

2. 今回どのような作業を行ったのか、わかりやすい名称を入力。

「バージョン名」と「バージョンの説明」は同じ内容でOK

3. 今回の作業内容が表示されます。

これで、指定したリンク(ボタン)のクリック数が計測されるようになりました。

作成したタグが正常に動作するかの確認方法

計測するリンクを自らクリックしてみて、タイムリーに計測されると、設定が正しく完了しています。

アナリティクスの「リアルタイム」で確認可能です。

ウキワさん

「リアルタイム」は、いまこの瞬間の状況を知れるレポートね!

それでは確認してみましょう。

1. アナリティクスの左メニューの「リアルタイム」➜「イベント」と進みます

タグ設定したWebサイトのアカウントが開かれていることを要確認

2. イベントに関する画面が表示されます。

この画面は開いた状態にしておきます。

3. 別タブでタグ設定した画面を開き、リンクをクリックします。

リンクをクリックする前に、念のため画面を再読み込みしてください(Windows:Ctr+F5)

3. イベントカテゴリに「任意の名称」が表示され、アクティブユーザー「1」が表示されれば、正しく設定できています。

これで、リンクがクリックされたとき計測され、そのデータが日々集計されていきます。

作成したタグ・トリガーの編集方法

作成したトリガー・タグは、タグマネージャーの管理画面上でいつでも編集・削除できます。

たとえば「タグ」を編集・削除したいとき、

1. 「ワークスペース」タブを開き、左メニューの「タグ」をクリック。

2. 編集したいタグにチェックを入れると、右上に編集・削除ボタンなどが表示されます。

作成したタグ・トリガーの編集は、上記ボタンから行ってください。

日々の集計データ確認方法

計測するクリック数のデータは、いつでも簡単に確認できます。

1. Googleアナリティクスの「行動」➜「イベント」➜「概要」と進んでください。

2. これまでのリンクのクリック数などを確認可能です。

Googleタグマネージャー関連の書籍は多くないですが、学ぶならこういったところ。

【売上・リスト獲得に直結するリンク(ボタン)のクリック数を計測する方法】まとめ

この記事のポイント

  • Googleアナリティクスの目標設定とは?
    ・Webサイトで果たしたい目標を「見える化」したいときに役立つ設定
  • 目標設定は4種類
    ・到達ページ
    ・滞在時間
    ・ページビュー数
    ・イベント
  • イベント機能でリンク・ボタン・アフィリエイトリンクのクリック数も計測可能
  • Googleタグマネージャー経由で目標設定を行うメリット
    ・データ解析が楽になる
    ・Webサイトの表示スピードが遅くなりづらい
    ・データ解析のハンドルを握っておける
  • リンクのクリック数計測の設定の流れは大きく4つ
    ・「変数」を選ぶ
    ・「トリガー」を作る
    ・データ解析の「タグ」を作る
    ・「タグ」を公開
  • 作成したトリガーやタグはあとから編集・削除も簡単

Googleタグマネージャーを使うと、コンバージョンに直結するリンク・ボタンのクリック数が一目瞭然。

ウキワさん

あるデータを計測するためのタグ作成などは、Googleタグマネージャー経由でやるとホント楽だよ!

ブログ・ホームページの目的を「見える化」して、日々の運営の励みにしながら、どんどん結果を出してくださいね!

ホームページでの目標達成に必須!Googleアナリティクスで「到達ページ」を目標設定

ブログ・ホームページにGoogleタグマネージャーを導入しアナリティクスと連携する方法

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次