ネット集客「何をやってもダメ」というあなた│こちらをご覧ください!

【超簡単・無料】WordPressで2つ目の実験的な「サブサイト」の作り方

アイキャッチ画像

運営中のWebサイト(ブログ・ホームページ)とは別に、

  • まっさらな状態から色々試したり
  • 操作手順を解説したり
  • 不要になったらサクッと削除できる

「サブサイト」は、欲しくありませんか?

ここでは、

  • 新規ドメインの取得
  • サブドメインの作成
  • サブディレクトリの作成

など一切不要で、運営サイトのSEOに何の悪影響も及ぼさない、2つ目のWebサイトの作り方を解説します。

目次

エックスサーバーの「初期ドメイン」を使った方法

初期ドメインとは、

レンタルサーバー契約すると、無料でもらえるドメイン

ほとんどのレンタルサーバーが、初期ドメインを準備しています。

  • エックスサーバー
  • ConoHa WING
  • さくらインターネット
  • ロリポップ
  • ColorfulBox
  • mixhost

など。

「エックスサーバー」だと、初期ドメインはこんな感じ。

エックスサーバーの初期ドメイン

◯◯◯の部分には、各自のサーバーIDが付されます。

わたしの場合、サーバーIDが「xs893088」なので、

わたしのエックスサーバー初期ドメイン

となりました。

共有ドメイン:同じドメインを複数ユーザーで共有する形式

初期ドメインのデメリットは全て問題なし!

初期ドメイン使用のデメリットがこちら。

  • サーバー契約を解除すると完全消失
  • 共有ドメインが多くの人とかぶる
  • サブドメインを作れない
  • Google AdSense審査にとおらない

本命のWebサイト(ブログ・ホームページ)運営には不向きな初期ドメイン。

多くの方が、使用しないまま放置しています。

ところが、

  • まっさらな状態から色々試したい
  • 操作手順の解説をしたい
  • 不要になったらサクッと削除したい

といった、実験的な2つ目のWebサイトが欲しいとき、この初期ドメインのデメリットは何の問題にもなりません。

しかもどのように使おうが、

本命サイトのSEOに悪影響を及ぼすこともありません

それでは、具体的な作り方を「エックスサーバー」で解説します。

他のサーバーもほとんど同じような手順です

エックスサーバーで初期ドメインにWordPressをインストールする方法

WordPressをインストール = Webサイトの立ち上げ

を意味します。

5分で作成完了・削除も簡単な方法です!

1.エックスサーバーにログインしてください。

エックスサーバーのログイン
エックスサーバー

2.「サーバー管理」をクリック。

エックスサーバーのサーバー管理

3.「WordPress簡単インストール」をクリック。

エックスサーバーのWordPress簡単インストール

4.初期ドメインの「選択する」をクリック。

エックスサーバーの初期ドメインの「選択する」

5.「WordPressインストール」タブを選択し、各項目を入力してください。

エックスサーバーの「WordPressインストール」タブ

①初期ドメインが選択されていることを確認
②デフォルトのまま入力不要
③Webサイト(ブログ・ホームページ)の名称(後で変更可)
④ユーザー名(後で変更できるが面倒)
⑤パスワード(後で変更可)
⑥メールアドレス(WordPressからの知らせが届く)
⑦「ONにする」にチェックを入れたまま
⑧「自動でデータベースを生成する」にチェックを入れたまま

「確認画面へ進む」をクリック。

④ユーザー名・⑤パスワードは、WordPress管理画面のログイン時に必要なものです。

WordPressのログイン画面

6.問題なければ「インストールする」をクリック。

エックスサーバーの「インストールする」

7.WordPressのインストールが完了しました。

エックスサーバーのWordPressのインストールが完了しました。

「管理画面URL」をクリックすると、ログイン画面が表示されます。

8.先ほどの「ユーザー名」「パスワード」でログインしてください。

WordPressのログイン画面

9.いつもどおりのWebサイトが手に入りました。

WordPressの管理画面

常識的な範囲である限り、SEOなど気にすることなく、自由に使える2つ目のWebサイトが手に入りました。

実験的サイトやデモサイトして、ご自由にお使いください。

作成したWebサイトの削除方法

削除も一瞬です。

1.先ほどのWordPress簡単インストール画面で、「インストール済WordPress一覧」タブを選択し、削除したいドメインを選択。

WordPressの「インストール済WordPress一覧」タブ

「削除」をクリック。

2.「アンインストール」をクリック。

エックスサーバーの「アンインストール」

3.アンインストールの完了です。

アンインストールの完了

2つ目のWebサイトが不要になったときは、簡単に削除できます。

削除後、しばらくして再度Webサイトが必要になったとき、以前とまったく同じユーザー名・パスワードでWordPressをインストールすることも可能です。

ウキワさん

せっかくもらえる初期ドメインを有効活用して、自由につかえる2つ目のWebサイトを作ってちょうだい!

こちらもご覧ください。

【追加費用なし】ワードプレスで複数サイトを手に入れるサブドメインの作り方

WordPressを本で学ぶなら、こちらがおすすめ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次