【2021年】Amazonアソシエイト審査に一発合格の方法を徹底解説!

ubersuggestに無料の拡張機能?キーワードプランナーにない使い方 

ubersuggest(ウーバーサジェスト)、使ったことはあったものの、こんな機能知りませんでした。

ウキワさん

一度設定しておけば、それ以降ずーと自動で使えます、、、しかも無料で…

■この記事の対象者

  • ubersuggest無料版の回数制限がウザくてご無沙汰状態
  • ubersuggestはキーワードプランナーの代わり程度でしょ
  • ubersuggestの拡張機能?聞いたことない…

この設定、やっておいて絶対に損はありませんから…。

【Amazonアソシエイト】ネットで月5万の完全マニュアル

「ruri-co」っていうメチャクチャ使える無料キーワードツールご存知ですか?

目次

ubersuggestのChrome拡張機能が凄かった!【5秒で設定完了】

その使い方とはずばりGoogle Chrome(グーグルクローム)拡張機能

ちなみに ubersuggest(ウーバーサジェスト)とは、

  • キーワード分析
  • 競合分析
  • SEO探索

ができる、有料のキーワードツール。

ubersuggestの3大機能

※画像はクリックで拡大、画像以外をクリックで戻ります!

いろいろ制限はあるものの無料版も存在し、特にログインなど必要なく、Webサイトを開くだけで使用できるキーワードツールです。

ubersuggestのトップページ

よく、

  • Googleキーワードプランナーの代わり
  • 無料のサジェストキーワードツール

として紹介されています。

そんなubersuggestに、Chromeの拡張機能なるものがあったんです!

ubersuggestのChrome拡張機能メニュー

Twitterでもけっこう話題に…。

こちらをご覧ください。

「Amazonアソシエイト 登録方法」と普通にググった画面です。(ChromeのPC画面)

Google Chromeの検索画面

自動的に以下の指標が表示されます。

  1. 月間検索数(検索したキーワードの)
  2. ドメインの強さ(1~100)(表示された各Webサイトの)
  3. Google自然検索でのアクセス見込み数/1ヵ月(表示された各記事の)
  4. SNSでのシェア状況(〃)
  5. 被リンク数(〃)

いつもどおりググるだけで「月間検索ボリューム」や、上位表示されたタイトルの下に「Domain Authority 」や「流入見込み」などが勝手に表示されます。

もちろん2ページ目以降も…。

ちなみに②の「 Domain Authority」 とは、よく聞く「ドメインパワー」のことです。

ウキワさん

ubersuggestが独自にはじき出した、それぞれのWebサイトがもつ上位表示における「強さ」の指標

わたしが所有する複数ブログで、ubersuggestのDomain Authorityの数値を確かめてみましたが、ほぼ実情に近い感じでわりと信頼できそうです。

「③流入見込み」横の ∨ をポチッと押すと、以下の画面が表示されます。

ubersuggest拡張機能の流入見込み
  1. 上位表示されている他のキーワード(1~5コ目)(その記事が)
  2. Google広告クリック単価(そのキーワードでの)
  3. 検索順位(その記事がそのキーワードで)
  4. Googleからの自然検索によるアクセス見込み数/1ヵ月(〃)
  5. 自然検索での競合分析指標(そのキーワードでの)
  6. 上位表示されている他のキーワード(6~10コ目)(その記事が)
  7. CSVで出力(無料版では不可)

ライバルサイトの「①他にも上位表示されているキーワード」をチェックすることで、キーワードツールでは探せなかったお宝キーワードを発見できることがあります。

というのも、記事作成などで「狙うキーワード」を選定するとき、大きく2つのアプローチがあるからです。

  • キーワードツールで ➜ 狙うキーワードを探す
  • ライバルサイトがすでに結果を出しているキーワードから ➜ 狙うキーワードを探す

わたしも経験ありますが、「こっそりヌクヌクとアクセスを稼ぐキーワード」を他人に知られるのは、正直メチャクチャ嫌だったりします。

ウキワさん

逆に言えばライバルサイトの流入キーワードのチェックは、上位表示を狙うにあたりメチャクチャ有効だったりするんだよね…

「被リンク数」の∨をポチッと押すと、そのブログがどこからリンクをもらっているのかも一目瞭然。

ubersuggest拡張機能の被リンク数

被リンク先のURLを開いてみると、超有名ブロガーさんのブログからだったり、教えて!gooなど質問サイトからだったりと大変興味深いです。

ちなみに、被リンクとドメインパワー(ウーバーサジェストでいうDomain Authority)の関係について、

  • 良質の被リンク数が多いほど、自らのドメインパワーが強くなる
  • ドメインパワーの強いブログ(Webサイト)からの被リンクほど、自らのドメインパワーに好影響

と言われます。

ウキワさん

記事内容とマッチしたYahoo!知恵袋の質問に、記事URLを貼りつけて教えてあげると、ドメインパワーが上がっちゃうかも!

ライバルサイトの「被リンク数」や「被リンク先」の確認は、上位表示を狙うにあたり重要です。

また、検索画面の右サイドには、以下の画面も表示されます。

ubersuggest拡張機能の右サイドに表示されるデータ
  1. 拡張機能を一旦解除
  2. 地域限定でのキーワードリサーチ
  3. 別視点でのキーワード表示(ubersuggestのWebサイトへ)

普通にネットで調べ事をしたいとき、①「隠す」としておくとubersuggestの機能が動作しません。 

ubersuggestを隠す機能

「明日まで」といった期間指定があるものの、いつでも「表示する」に戻せます。

■使用時のポイント

上位サイトのリサーチ前 ➜ ubersuggest拡張機能を「隠す」➜ リサーチ時に「表示する」へ

③の「関連(サジェスト)」「候補(関連)」をクリックすると、ubersuggestの以下のページへ移動します。

ubersuggest拡張機能の「関連」などをクリックしたときの移動先ページ
ubersuggest内のページ

ググったとき下の方に表示される関連キーワードにも、月間検索数やSD(SEO難易度)が付されています。

ubersuggest拡張機能で検索画面の最下に表示されるデータ

要するに、ubersuggestの拡張機能を使うと、

  • ubersuggestをいちいち開くことなく
  • いつもどおりググるだけで(Chrome)
  • キーワードの月間検索数やライバルの強さ、他の流入キーワードを発見できる

いつもの検索エンジンが「キーワード分析ツール」に大変身! これって凄くないですか?

ubersuggestと同じようなツールに「ahrefs」(エイチレフス)があります。

ただしこちらは有料のみで、最安プランでも月1万円ほど。

「ahrefs」(エイチレフス)の料金表
ahrefs

これと比較すると、無料で使える「ubersuggest拡張機能」の利用価値の高さに気づきます。

ただし、無料版の拡張機能には1日の使用制限があります。

40サイトまで/1日

24時間後に制限解除

たとえば、あるキーワードでググったとして、4ページ目(40サイト)まで見た時点で、以下のような文言が表示されます。

ubersuggest拡張機能で40サイト確認後の警告画面

これ以降、「Domain Authority」や「流入見込み」などが表示されなくなります。

ただし、そうなっても普段どおりネット検索はできるのでご心配なく。

ということで、ubersuggestの「Chrome拡張機能」を色々試してみて、おすすめの使い方【4ステップ】をご紹介します。

ある記事の作成にあたり、

  1. ubersuggest(無料版)もしくは他のキーワードツールで、狙うべきキーワードを3つほどピックアップ
  2. 上記3つのキーワードでGoogle検索 ➜ ubersuggest拡張機能
  3. ライバルサイトの強さを分析:Domain Authorityや被リンク数、流入見込み数などをチェック(主に1ページ目)➜ 上位表示の可能性はあるか?
  4. 別視点でキーワードを探す:ライバルサイトが上位表示を果たしている他の流入キーワードにチャンスはないか? ➜ あれば狙うキーワードの入れ替えや追加

他のキーワードツールとして、ラッコキーワードやGoogleキーワードプランナーもおすすめ

» 【2021】キーワードプランナー無料登録・ブログに必須の使い方2選!

あらかじめ狙うキーワードをピックアップし、その上でubersuggest拡張機能を使うのがおすすめ!

ウキワさん

この方法だと40サイト/1日の制限内で、うまくキーワード選定できるよ

Chrome拡張機能インストール手順

ブラウザがChromeでない場合、まずそちらを設定してください。

» Chromeを規定のブラウザにする

ubersuggestのChrome拡張機能のインストールはこちら。

» Chromeウェブストア「ubersuggest-SEO&キーワードの発見」

もしくはubersuggest内の「Chrome拡張機能」から
» Ubersuggest

「Chromeに追加」をクリック。

Chromeのウェブストア:ubersuggest

「拡張機能を追加」をクリック。

Chromeのウェブストア:ubersuggestの「拡張機能を追加」

ubersuggestの拡張機能インストールが完了しました。

ubersuggestの拡張機能が追加完了

「この拡張機能を使用するには、・・・」とありますが、わたしの場合、アイコンをクリックすることなく動作しました。

アイコンを固定で表示させたいときは、こちらをクリック。

ubersuggestの拡張機能アイコンをピン留め

以下のように、ubersuggestの拡張機能アイコンが固定されます。

ubersuggestの拡張機能アイコンが表示された

試しに、Chromeでいつもどおりググってみてください。

検索窓に月間検索数や、上位記事のタイトル下にDomain Authorityなどが表示されるはずです。

ubersuggestの拡張機能画面

ubersuggestのChrome拡張機能の削除

Chrome拡張機能が不要になった場合、削除も簡単です。

Googleトップページ右上の三つの点(Google Chromeの設定)➜「その他のツール」➜「拡張機能」と進みます。

Googleトップページの右上の「Google Chromeの設定」➜「その他のツール」➜「拡張機能」

「削除」をクリック。

Google Chromeで削除

これだけで削除完了です。

ubersuggestの拡張機能を導入してみて、嫌だったとしても、簡単に削除できるのでご心配なく!

ubersuggest無料版でのキーワード選定3つの使い方

せっかくなので、ubersuggest無料版の使い方も3つに絞ってご紹介しておきます。

ubersuggest無料版、「使えない」なんてよく言われます。

ウキワさん

ちょっとした操作で3回/1日の制限を超えてしまうんだよね…

とはいえログインなども必要ないし、そこは使い用。

無料のキーワードプランナーでは不可な、

  • 細かい検索ボリューム
  • SEO難易度
  • ライバルの被リンク数

をチェック可能です。

ということで、以下3つの視点からご紹介します。

  • 指定キーワードの分析
  • サジェストキーワードの分析
  • ライバルサイトの分析

指定キーワード:ubersuggestの検索窓に入力したキーワード

指定したキーワードの分析

「キーワード分析」➜「キーワード概要」で確認できます。

下へスクロールすると他にも表示されますが、「キーワード概要」で見るのはここだけ十分です。

SEO難易度:自然検索での「競争の激しさ」を独自指標で数値化、数値が高いほど競争が激しい

サジェストキーワードの分析

「キーワード分析」➜「キーワード候補」で確認できます。

キーワードが「サジェスト」や「関連」などの項目に分類されています。

それぞれのキーワードの「検索ボリューム」や「SEO難易度」も確認可能です。

ライバルサイトの分析

「キーワード分析」➜「コンテンツ候補」で確認できます。

ubersuggest無料版では3回/1日の制限があるため、正直、使い勝手はよくありません。

上記のようなポイントに絞り、うまく活用してください。

YouTubeにも対応

ubersuggest拡張機能は「YouTube」や「Amazon」にも対応とのこと。

ubersuggest拡張機能はYouTubeやamazonにも対応
参照:chrome ウェブストア

確かに、GoogleとYouTubeでの月間検索数は違っていました。

Google での「ブログ 始め方」の月間検索数:210

Google での「ブログ 始め方」の月間検索数:210

YouTubeでの「ブログ 始め方」の月間検索数:0

Amazonについても、いくつかのキーワードで試してみましたが、Googleと同じ結果で正直よくわかりませんでした。

YouTubeだったら多少使えそうですね。

【ubersuggest拡張機能の設定と使い方】まとめ

■この記事のポイント

  • ubersuggestのChrome拡張機能なら、いつものようにググるだけでキーワード分析、競合分析ができる
  • ライバルサイトが上位表示されている他のキーワードを丸裸にできるのは有料級
  • ライバルサイトの被リンク先のチェックで、ドメインパワーを上げる施策が見えることも
  • 上位表示のための具体的なubersuggest活用法【4ステップ】
  • ubersuggest無料版「キーワード選定」に有効な3つの使い方

意外に盲点だったubersuggestの「Chrome拡張機能」をご紹介しました。

ウキワさん

無料版では制限があるものの、ライバルサイトの「流入キーワード」や「被リンク先」が確認できるのは有り難いよね

ぜひ活用して【これから書く記事】【すでに書いた記事】の上位表示に役立たせてくださいね。

「ruri-co」っていうメチャクチャ使える無料キーワードツールご存知ですか?

【2021】Googleキーワードプランナー登録方法とお宝キーワードざくざく2つの使い方

検索順位チェックに欠かせないGRC無料版のインストールと設定方法

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる