【2022年】今すぐamazonアフィリエイト!登録・審査・やり方の全ステップ公開

メルマガ配信を無料で始める方法!見込み客のリスト獲得に必須【Benchmark】

メルマガ配信を無料で始める方法!見込み客のリスト獲得に必須【Benchmark】

今どき、見込み客のメールリスト獲得の重要性はわかってる…

「でもメルマガ配信はちょっと…」、なんて思っていませんか?

ウキワさん

専門知識がなくても、簡単にステップメールを配信できる「無料システム」があるよ!

ここでは、

  • メールを登録してもらう「登録フォーム」を作り、
  • 見た目が「ブログ記事」のようなHTMLメールで、
  • 今すぐステップメールを配信する

全ステップを初心者にもわかりやすく解説します。

■この記事を書いた人

初めてのステップメール全5通・3ヶ月間で568のメールリストを獲得した”うきわ”です

メール獲得実績

■記事内容の位置確認

ウェブマーケティングの流れ

ウェブマーケティング:ウェブでの販売活動のすべて

目次

メルマガ運営に欠かせない3つのパーツとは?

未経験の方にとって、

どのような仕組みでメルマガ配信できるのか?

はイメージしづらいと思います。

メルマガ配信者のほとんどが、「ステップメール」という手法を用いています。

ステップメールとは、

  • 事前に作成したいくつかのメールを、
  • 決められたスケージュールで、
  • 順番に自動送信していく

メルマガ配信の手法です。

ウキワさん

現状、ネットを利用して稼ぐ多くの人が、このステップメールを巧みに利用しているよ

メルマガ配信には、欠かせないパーツが3つあります。

  • 登録フォーム:読者のメールを取得するフォーム
  • メールリスト:取得したメールをストックしていく場所
  • 自動配信システム:各メールを自動で配信するシステム

このようなイメージです。

ステップメール配信に欠かせない3つのパーツ

※すべての画像はクリックで拡大できます(戻す➜画像以外をクリック)

3つのパーツを中心に、ランディングページや無料特典・有料商品が適宜必要となります。

ステップメール配信に欠かせない3つのパーツにランディングページや無料特典があるイメージ

ランディングページ(LP)とは、申込み・購入を促すページで「オプトインページ」とも呼ばれます

以降で解説するのは、3つのパーツを無料で手に入れ、ステップメールを配信するまでの方法です。

ステップメール配信に欠かせない3つのパーツ

無料でメルマガ配信を始めたいならBenchmarkがおすすめ

Benchmark」とは、

世界50万社に利用されるグローバルなメール配信システム

他にも「メール配信システム」はいくつも存在します。

その中で、初心者の方にBenchmarkがおすすめな理由がこちら。

  • 無料で使い続けられる
  • 無料プランでも大部分の機能を使える
  • 無料プランでもメールサポートが受けられて安心(しかも日本語で)
  • ブログ記事のような見た目のHTMLメールを直感的に作れる
  • ステップメールも簡単に設定できる
  • 開封率・到達率・クリック率などを計測できる
  • スマホでもきちんと表示されるレスポンシブ対応
ウキワさん

通常「HTMLメール」を作るには専門知識が必要だよ

デザインで見たとき、電子メールには大きく2種類があります。

  • テキストメール:文字だけのメール
  • HTMLメール:ブログ記事のようなメール

テキストメールとは違って「HTMLメール」では、

  • 開封率:メールの開封率
  • クリック率:メール内に挿入したリンクのクリック率

の測定が可能です。

さらにBenchmarkでは、「テキストのみHTMLメール」も作成できます。

Benchmarkでの「テキストのみHTMLメール」作成画面
「テキストのみHTMLメール」作成画面

「テキストのみHTMLメール」とは、

  • テキストメールのような見た目で、
  • 部分的にHTMLメールの要素も挿入でき、
  • 開封率・クリック率なども測定できる

テキストメールとHTMLメールのいいとこ取りをしたようなメールです。

ちなみにBenchmarkの「HTMLメール」で作成したメールがこちら。

HTMLメール見本

専門知識は必要なく、直感的なドラッグ&ドロップ操作で、簡単にHTMLメールが作れます。

と同時に、ステップメール配信に必要な3つのパーツを構築する環境も手に入るでのです。

ステップメール配信に必要な3つのパーツを構築する環境

無料プランと有料プランの違いでわからない点があったため、メール質問したところ、翌日には日本語での丁寧な回答がありました。

Benchmarkからの回答メール見本

そんなBenchmarkの料金プランがこちら。

無料トライアル ※有料プラン
料金0円1,800円~
メール配信数250通まで/月無制限/月
使用できる機能・HTMLメール作成
・登録フォーム作成
・スッテップメール設定
・開封率などデータ解析
・Googleアナリティクス連携など
さらに、
・ランディングページ公開
・ABテスト配信など

無料トライアル=「無料プラン」のこと

ウキワさん

オイラなんてメールリスト0(ゼロ)の状態で、いきなり年間7万2000円のメール配信システムを契約…もうすぐ更新でトホホ…

MyASPからの更新時期を知らせるメール

ただし、Benchmark無料プランの注意点としては、

月に250通までしかメール送信できないこと

ある月に全10通のステップメールを25人に送った場合 ➜ 10通×25人=250通で上限一杯

この点を頭に入れて、Benchmarkをご活用ください。

ウキワさん

あと「テキストメールの表示が崩れる」といった意見もあるけど、実際に試してみると、それほど心配なかったよ!

Benchmarkのアカウント作成

Benchmarkのアカウント作成はこちら

» Benchmark公式

1. 「無料トライアル」をクリック。

Benchmarkの「無料トライアル」

※すべての画像はクリックで拡大できます(戻す➜画像以外をクリック)

2. 姓名やメールアドレスを入力して「登録する」をクリック。

Benchmarkのアカウント作成で姓名やメールアドレスを入力

登録するメールは送信相手に表示されます(後ほど対策方法を解説)

3. 項目が次々とポップアップ表示されるので、それぞれ入力していきます。

Benchmarkのアカウント作成で電話番号や業種の入力欄
Benchmarkのアカウント作成でウェブサイトの入力欄
  • 会社・団体名:記入しなくてもOK (空欄のままEnterキー)
  • 電話番号:記入しなくてもOK
  • 業種:いずれかを選択
  • ウェブサイトURL:記入しなくてもOK
  • メールマーケティングの経験の有無:いずれかを選択

Benchmark管理画面の「アカウント設定」からいつでも変更可

4. 登録したメール宛にアドレス認証が届きますので、「メールアドレスを認証する」をクリック。

Benchmarkから届いたアドレス認証メール

5. Benchmarkの管理画面が開かれます。

Benchmarkの管理画面

ブックマークしておいてください

これでBenchmarkのアカウントが作成されました。

Benchmarkのアカウント作成はこちら

» Benchmark公式

独自ドメインのメールアドレスを追加申請

Benchmarkでメールを送るとき、登録したメールが相手に表示されます

個人的なメールアドレスが相手に表示された例

画像は切り替えられます

メールアドレスを追加申請することで、そちらのメールが相手に表示されるようになります。

ウキワさん

最初から「会社用」「仕事用」のメールアドレスでアカウント登録しているなら、ここでの設定は必要なし!

ビジネス関連でBenchmarkを利用するなら、

独自ドメインのメールアドレス

を追加申請するのがおすすめ。(違和感なく印象も良いから)

メール追加申請の方法を見てみましょう。

1. Benchmarkの右上プルダウンから「アカウント設定」をクリック。

Benchmarkの右上プルダウンから「アカウント設定」

2. 左メニューの「メールアドレス認証」へ進んでください。

左メニューの「メールアドレス認証」

3. 「アドレス追加」をクリック。

Benchmarkの「アドレス追加」ボタン

4. 追加するメールアドレスを記入(コピペ)し、「確認メールを送る」をクリック。

Benchmarkの「確認メールを送る」ボタン

5. 「認証メールが送信されました。」と表示されます。

「認証メールが送信されました。」と表示

6. 新たに登録したメール宛にアドレス認証が届くので、「こちらのリンク」をクリック。

Benchmarkに新たに登録したメール宛にアドレス認証が届くので、「こちらのリンク」

これで新たなメールアドレスが追加されました。

ウキワさん

メール配信するとき、このメールアドレスを相手に表示できるよ!

↓↓↓↓↓↓↓↓

登録フォーム作成時に送信元メールを選択可
登録フォーム作成時に送信元メールを選択可

メールリストの作成方法

メルマガを配信するにあたり、必要になるのが読者さんの存在

メルマガ読者を募るとき、下記のような「登録フォーム」が必須となります。

登録フォーム見本
登録フォームの見本

登録フォームで取得したメールをストックしていくのが、

メールリスト

Benchmarkでは「コンタクトリスト」と呼ぶ

「登録フォーム」と「メールリスト」は切り離せない関係にあります。

「登録フォーム」と「メールリスト」のイメージ

ということで、最初のメルマガ配信に向けての手順はこうなります。

STEP
メールリストを作成

Benchmarkではメールリスト=コンタクトリスト

STEP
登録フォームを作成

まずはメールリストを作成しましょう。

メールリストの作り方

1. Benchmark管理画面の「コンタクトリスト」の「コンタクトリスト」へ進みます。

Benchmark管理画面の「コンタクトリスト」→「コンタクトリスト」

2. 「新規リストの作成」をクリック。

Benchmarkの「新規リストの作成」

3. 「通常リスト」にチェックが入った状態で「次へ」をクリック。

Benchmarkの「通常リスト」にチェックが入った状態で「次へ」

4. 「1件ずつ登録」にチェックを入れ、「次へ」をクリック。

「1件ずつ登録」にチェックを入れ、「次へ」

メールアドレスを1件は登録しなければ、新規リストが作成できません

  • 既存のメールリストをお持ちでない場合 ➜ 「1件ずつ登録」
  • すでにメールリストをお持ちの場合 ➜ 「インポート機能で一括登録」などでもOK

5. リスト名を入力し「次へ」をクリック。(変更不可)

リスト名を入力し「次へ」

フォーム登録後のreCAPTCH画面(迷惑メール対策)で第三者に表示されます

6. 新たに作成するコンタクトリストに登録するメールを1つだけ入力します。

Benchmarkに新たに作成するコンタクトリストに登録するメールを1つだけ入力

①メールアドレス:自分のメールアドレスなどでOK
②メール受信方法:「HTMLメール」でOK

「コンタクト追加」をクリック。

これでコンタクトリストが作成されました。

最初の管理画面に戻るには、左上のボタンから。

Benchmarkの管理画面に戻るには、左上のボタン

これでメールリスト(コンタクトリスト)が存在するので、次は「登録フォーム」を作成していきましょう。

登録フォーム作成から設置まで

「登録フォーム」と「メールリスト」のイメージ

メルマガ運営に「読者さんのメール取得」が欠かせません。

そういった理由から、ほとんどのメール配信システムに、

登録フォームを作れる機能

が実装されています。

それでは「登録フォーム」を作ってみましょう。

1. Benchmark管理画面で「コンタクトリスト」の「登録フォーム」をクリック。

Benchmark管理画面で「登録フォーム」

2. 「登録フォーム作成」をクリック。

「登録フォーム作成」

3. 「埋込型フォーム」にチェックを入れ、「次へ」をクリック。(他のフォームでもOK)

「埋込型フォーム」にチェックを入れ、「次へ」

4. 各項目を入力していきます。

Benchmarkの各項目を入力

①登録フォーム名:管理上の登録フォーム名を入力(自分だけが見るもの・変更可)
②顧客リスト選択:取得したメールをストックするメールリストの選択(複数選択・変更可)

「保存&次へ」をクリック。

各顧客リストの「・・・」から、リストの中身を確認可能です。

各顧客リストの「・・・」から、リストの中身を確認可能
Benchmarkのコンタクトリストの中身
登録中のメールが表示

5. 登録フォームが作成されました。

Benchmarkで登録フォームが作成

登録フォームのデザインを編集してみます。

6. 「登録フォーム」の文字をクリックすると、テキストサイズなどを編集可能です。

「登録フォーム」の文字をクリックすると、テキストサイズなどを編集可能

7. 「名」の項目を削除してみます。

「名」の項目を削除

①「名」の枠をクリック
②「名」の>をクリック

8. 「表示設定」のボタンを左にスライドすると、名の枠が非表示となります。

「表示設定」のボタンを左にスライドすると、名の枠が非表示

9. 「ボタン」をクリックすると、ボタン幅・テキスト・色などを変更できます。

9. 「ボタン」をクリックすると、ボタン幅・テキスト・色などを変更できます。

10. このように編集してみました。

登録フォームの完成形

11. 続けて「標準設定」から、フォーム幅・背景色・スパムメール対策などの設定が行えます。

「標準設定」から、フォーム幅・背景色・スパムメール対策などの設定

スパムメール対策のため「reCAPTCHA」はオンにしてください

12. 最後に「保存&出力」をクリック。

「保存&出力」

13. 「次へ」をクリック。

「次へ」

これで現状の内容が保存されました。

14. そのまま「閉じる」をクリック。(他の設定が必要なため)

「閉じる」

登録直後の自動返信メールを設定

1. 「閉じる」で1つ前の画面に戻るので、「登録ステップの設定」をクリック。

Benchmarkの「登録ステップの設定」

2. スパムメール対策の認証方法などを選択します。

スパムメール対策の認証方法などを選択

①読者さんが登録しやすい「シングルオプトイン」がおすすめ
②ウェルカムメール送信:登録直後の自動返信メールを送るかどうかの設定


ウェルカムメールを設定しなくても、スッテップメールを組み、配信時間として「すぐに配信」を選ぶと、同じ効果が期待できます。

ステップメールの「すぐに配信」設定
ステップメールの配信時間設定

3. ウェルカムメール(登録直後の自動返信メール)を送る場合、内容の詳細を入力していきます。

ウェルカムメール(登録直後の自動返信メール)を送る場合、内容の詳細を入力
ウェルカムメール(登録直後の自動返信メール)を送る場合、内容の詳細を入力
ウェルカムメール(登録直後の自動返信メール)を送る場合、内容の詳細を入力

⑤クロージング/署名:配信者名や住所・連絡先などを入力
⑥テストメール送信:自分にメールを送って、内容に問題ないかを確認可
⑦ページ設定:登録直後に任意のページが表示されるよう設定可
⑧アラート通知:フォームから登録があったとき、自分に知らせるための設定

「保存」をクリック。

これで登録フォームにおける、すべての設定が完了しました。

登録フォームをホームページ(ブログ)に設置

1. Benchmark管理画面の「コンタクトリスト」➜「登録フォーム」に進むと、作成済みの登録フォームが表示されます。

Benchmark管理画面の「コンタクトリスト」→「登録フォーム」

2. ホームページ(ブログ)に設置したいフォームの「・・・」から、「コード参照」をクリック。

ホームページ(ブログ)に設置したいフォームの「・・・」から、「コード参照」

3. フォーム作成のためのコードが表示されるので「コピー」をクリック。

フォーム作成のためのコードが表示されるので「コピー」

4. 「HTMLブロック」(WordPressの場合)に貼り付けると、フォームの完成です。

「HTMLブロック」(WordPressの場合)に貼り付けると、フォームの完成

WordPressでホームページ(ブログ)を立ち上げたいときはこちら

5. これでメルマガ読者を募るための「登録フォーム」が完成しました。

登録フォーム完成イメージ
ウキワさん

作成した登録フォームは、いつでも編集・削除できるよ

Benchmarkのアカウント作成はこちら

» Benchmark公式

ステップメールの設定方法

ステップメールのイメージ

ステップメールを設定するとき、「どのメールリストに送るか」を決めなければなりません。

これを頭に入れた上で、ステップメールを設定していきましょう。

1. Benchmark管理画面の「オートメーション」の「オートメーション」と進みます。

Benchmark管理画面の「オートメーション」→「オートメーション」

2. 「オートメーション作成」をクリック。

「オートメーション作成」

3. 「ステップメール」にチェックを入れ「次へ」をクリック。

「ステップメール」にチェックを入れ「次へ」
  • ステップメール:事前に作成したメールを順番に自動送信していく
  • アクションメール:すでに送信したメールを開封・クリックした読者にだけ、次のメールを自動送信

4. 各項目を入力していきます。

Benchmarkのオートメーション概要
種類を選択
メール概要設定

①オートメーション概要:ステップメールのタイトル、大まかな内容を入力(第三者には見られない・変更可)
②顧客リストを選択:ステップメールを送る顧客リスト(メールリスト)を選択
③種類を選択:「リストへの登録日を基準としたステップメール」が一般的
④メール概要設定:メールを送信したとき相手に表示される名称やメールアドレス

「パーミッションリマインダー」「ウェブページ表示のリンクを追加」はオフのままでOK

「保存&次へ」をクリック。

5. ステップメールを1通も作成していない状態なので、「オートメーションメールが作成されていません」と表示されます。

6. 1通目のステップメールを作成していくので、「メールの追加」をクリック。

「メールの追加」

7. 各項目を入力していきます。

①メール名:メールのタイトル
②配信時間:配信するタイミングや時間を決定
③トラッキング:Googleアナリティクスと連携可

「保存&次へ」をクリック。

8. 「ドラッグ&ドロップ」にチェックを入れ「次へ」をクリック。(最も簡単なメール作成方法)

「ドラッグ&ドロップ」にチェックを入れ「次へ」

9. 「白黒レイアウト」タブの「1カラム」を選択。

「白黒レイアウト」タブの「1カラム」

テキストメール(文字だけのメール)で、開封率やクリック率を測定したいとき➜「テキストのみHTMLメール」を選択


あらかじめメールのテンプレートを自作している場合、「過去のメール」から選択可能です。

「過去のメール」から選択可能

メールテンプレートの作成方法はこちら。

» メルマガ配信を10倍楽にしてくれる「メールテンプレート」の作り方


10. 「ブロック」タブでは、各ブロックをドラッグ&ドロップで挿入しながらメール作成できます。

「ブロック」タブでは、各ブロックをドラッグ&ドロップで挿入

11. フッターブロックをクリックして、左サイドに表示される各項目を入力・設定していきます。

特定電子メール法における「送信者の表示義務」により、送信者の名称や住所は必須の記載事項

①配信者名や住所・連絡先を記載
②購読リンク:「登録情報更新リンク」だけにチェックを入れておけばよい
③配列:中央寄せなどが可能

①については文末に半角で</br>と入力してください(</br>=改行の意味)

送信者の名称や住所の記載方法

「保存を閉じる」をクリック。

12. 送信相手にHTMLメールがうまく表示されないときの対策として、「テキスト版エディタ」をクリック。

13. テキスト版のメールが表示されます。

14. 「見出し」===(Windows:半角+Shift+ほ)で区切ったり、ヘッダー部分を整えます。

テキスト版エディタを整えたイメージ

15. 編集を終えたあとは「保存」をクリック。

編集を終えたあとは「保存」

スパムチェックやプレビューも確認できます。

スパムチェックやプレビューも確認

①テスト:スパムチェックやテストメール送信が可能
②プレビュー
③保存:現状を保存したいとき
④保存&次へ:保存して次のステップメールを作りたいときなど


16. 「保存」をクリック。

「保存」

17. 「保存&次へ」をクリック。

「保存&次へ」

18. 作成した1通目ステップメールのタイトルが表示されます。

作成した1通目ステップメールのタイトルが表示

①メールの追加:続けて2通目も作成したいときはこちら
②ステップメールを稼働する:ステップメールを稼働させたいとき

同様の操作を繰り返しながら、必要なステップメールを順次作成してください。

メルマガで、まず読むべきおすすめ本はこちら。

出版されてしばらく経ちますが、この本です。

こちらも、高額ながら欠かせない1冊です。

created by Rinker
¥4,070 (2022/05/22 22:10:56時点 Amazon調べ-詳細)

【メルマガ配信を無料で始める方法Benchmark】まとめ

この記事のポイント

  • Benchmarkはメルマガ配信に欠かせない3つのパーツが手に入る
    ・登録フォーム
    ・メールリスト
    ・自動配信システム
  • 無料プランでもBenchmarkをおすすめできる理由
    ・無料でも大部分の機能を使える
    ・HTMLメールが直感的に作れる
    ・ステップメールも簡単に設定できる
  • Benchmarkで作れるメールは3種類
    ・テキストメール
    ・HTMLメール
    ・テキストのみHTMLメール
  • ビジネス用途に必須な独自ドメインのメールアドレス」も設定可能

「ステップメールでメルマガ配信」、やろうと思えば今すぐ始められます。

ウキワさん

ステップメールを使いこなして、ネットビジネスや既存の商売を飛躍させてちょうだい!

Benchmarkのアカウント作成はこちら

» Benchmark公式

メルマガ配信を10倍楽にしてくれる「メールテンプレート」の作り方

ビジネス利用もできる信頼性の高いメールアドレスが無料で今すぐ手に入る!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる